ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

β(ベータ)-カロテンの効果・効能や活性酸素への作用とは?

      2017/10/28

野菜を大きく2種類に分ける栄養成分「β-カロテン」

β-カロテンは野菜の色素を構成する成分で、多くの野菜に含まれています。

ダイエット雑誌や健康情報雑誌に野菜特集が組まれる際、このβ-カロテンがよく取り上げられています。このβ-カロテン、ほとんどの野菜がもっている成分です。

野菜は緑黄色野菜と淡色野菜の2種類に大きく分けることができるのですが、この分類方法としてカロテンの含有量が関わってきます。厚生労働省の定めた基準によれば「原則として可食部100gあたりにβ-カロテン含有量が600μg以上の野菜」を緑黄色野菜としており、600μg以下のものを淡色野菜としています。

緑黄色野菜と淡色野菜の分別方法にも採用されているβ-カロテンとはどのような成分なのでしょうか?

β-カロテンとは

野菜をはじめとした植物は、天敵である昆虫や動物が近づいてきたからと言って移動できません。また太陽の紫外線が強くなったからと言って日陰に逃げることもできません。移動できない植物は、自身の実を守るために様々な成分を自前で生成できるように進化しました。

β-カロテンも野菜が自身の実を守るために生成されるようになった成分で、活性酸素を除去する働きをもちます。活性酸素というのは、人が歩いたり息をしたりという何気ない活動で発生するもので、体内中に少なければ細菌の除去など役にたつ働きをしてくれますが、体内の中で多いと脂質、タンパク質、遺伝子やDNAなどを傷つけてしまい次第に体の機能が乱れていきます。

活性酸素は歩いたり息を吐いたり、喋ったり手を動かしたりなどすべての生命活動をおこなった時に発生します。活性酸素がもっとも発生しやすいのはストレスを感じた時です。

ストレスというと会社などで受ける人間関係や仕事での精神的ストレスをイメージしますが、活性酸素が発生しやすいストレスというのはそれだけではありません。排気ガスを吸ったり、ホコリだらけの部屋に入った時などにも体はストレスを感じています。現代日本はストレス社会と言われていますが、活性酸素が発生しやすい環境でもあるのです。

β-カロテンは、この発生しやすい活性酸素を吸収してくれる働きがあります。一応、活性酸素が増えすぎると体内でも酵素がはたらき活性酸素を除去するのですが、酵素だけでは増えすぎた活性酸素を除去しきれません。そこでβ-カロテンが入れば、酵素を強力にサポーターしてくれるような働きをするのです。

β-カロテンはビタミンAに変化する

β-カロテンのもう1つの注目ポイントはビタミンAに変化することです。摂取されたβ-カロテンすべてがビタミンAに変化するのではなく、その時々に応じて体内にビタミンAが不足がちであれば変化します。

ビタミンAは視力維持に重要な役割をもち、ブルーベリーなどに多く含まれています。不足すると夜盲症になる危険性があります。

β-カロテンからビタミンAに変換されると、さらにレチナールという物質に変化します。レチナールに変化した後、目の網膜上でタンパク質と結合。タンパク質と結合する理由は、光を感じるために必要なロドプシンという物質を合成するためです。

眠気を誘う学術的な話になってきてしまいましたね。とにかく、ビタミンAは視力維持に必要な栄養素ということですね(強引)

β-カロテンを多く含む野菜

上述したようにβ-カロテン600μg以上の野菜を緑黄色野菜と呼びます。つまり、β-カロテンを多く含む野菜というのは緑黄色野菜です。

緑黄色野菜に分類されるのは「にんじん」「ホウレンソウ」「ダイコン」「ブロッコリー」「ナス」「アスパラガス」「オクラ」「トウモロコシ」などなど。

生食で食べるのが難しい野菜が多いです。β-カロテンは「加熱すると増える」という特徴があります。にんじんやアスパラガス、とうもろこしは炒めると甘みが増すという特徴があるので、加熱調理してβ-カロテンを多く摂取するにはちょうどいい食材ですね。

ナスは油をよく吸収するので、炒め物の最後に油を吸収させる目的で炒めてもいいかもしれません。

まとめ

β-カロテンを摂取するメリットとして、現代人の体内で発生しやすい「活性酸素」の除去をしてくれることと、ビタミンAに変化し視力低下などを予防してくれることの2つを紹介しました。

β-カロテンが多く含まれているのは「にんじん」「ホウレンソウ」「ダイコン」「ブロッコリー」「ナス」「アスパラガス」「オクラ」「トウモロコシ」などの緑黄色野菜です。β-カロテンは加熱すると増える特徴があるので、上記の野菜を加熱調理して食べることをお勧めします。

今回の記事は野菜を摂取するメリットを書きたくてβ-カロテンについて詳しく書きました。今後も野菜に含まれている栄養素の記事を続々とアップしていきたいと思います。

野菜を大きく2種類に分ける栄養成分「β-カロテン」

β-カロテンは野菜の色素を構成する成分で、多くの野菜に含まれています。

ダイエット雑誌や健康情報雑誌に野菜特集が組まれる際、このβ-カロテンがよく取り上げられています。このβ-カロテン、ほとんどの野菜がもっている成分です。

野菜は緑黄色野菜と淡色野菜の2種類に大きく分けることができるのですが、この分類方法としてカロテンの含有量が関わってきます。厚生労働省の定めた基準によれば「原則として可食部100gあたりにβ-カロテン含有量が600μg以上の野菜」を緑黄色野菜としており、600μg以下のものを淡色野菜としています。

緑黄色野菜と淡色野菜の分別方法にも採用されているβ-カロテンとはどのような成分なのでしょうか?

β-カロテンとは

野菜をはじめとした植物は、天敵である昆虫や動物が近づいてきたからと言って移動できません。また太陽の紫外線が強くなったからと言って日陰に逃げることもできません。移動できない植物は、自身の実を守るために様々な成分を自前で生成できるように進化しました。

β-カロテンも野菜が自身の実を守るために生成されるようになった成分で、活性酸素を除去する働きをもちます。活性酸素というのは、人が歩いたり息をしたりという何気ない活動で発生するもので、体内中に少なければ細菌の除去など役にたつ働きをしてくれますが、体内の中で多いと脂質、タンパク質、遺伝子やDNAなどを傷つけてしまい次第に体の機能が乱れていきます。

活性酸素は歩いたり息を吐いたり、喋ったり手を動かしたりなどすべての生命活動をおこなった時に発生します。活性酸素がもっとも発生しやすいのはストレスを感じた時です。

ストレスというと会社などで受ける人間関係や仕事での精神的ストレスをイメージしますが、活性酸素が発生しやすいストレスというのはそれだけではありません。排気ガスを吸ったり、ホコリだらけの部屋に入った時などにも体はストレスを感じています。現代日本はストレス社会と言われていますが、活性酸素が発生しやすい環境でもあるのです。

β-カロテンは、この発生しやすい活性酸素を吸収してくれる働きがあります。一応、活性酸素が増えすぎると体内でも酵素がはたらき活性酸素を除去するのですが、酵素だけでは増えすぎた活性酸素を除去しきれません。そこでβ-カロテンが入れば、酵素を強力にサポーターしてくれるような働きをするのです。

β-カロテンはビタミンAに変化する

β-カロテンのもう1つの注目ポイントはビタミンAに変化することです。摂取されたβ-カロテンすべてがビタミンAに変化するのではなく、その時々に応じて体内にビタミンAが不足がちであれば変化します。

ビタミンAは視力維持に重要な役割をもち、ブルーベリーなどに多く含まれています。不足すると夜盲症になる危険性があります。

β-カロテンからビタミンAに変換されると、さらにレチナールという物質に変化します。レチナールに変化した後、目の網膜上でタンパク質と結合。タンパク質と結合する理由は、光を感じるために必要なロドプシンという物質を合成するためです。

眠気を誘う学術的な話になってきてしまいましたね。とにかく、ビタミンAは視力維持に必要な栄養素ということですね(強引)

β-カロテンを多く含む野菜

上述したようにβ-カロテン600μg以上の野菜を緑黄色野菜と呼びます。つまり、β-カロテンを多く含む野菜というのは緑黄色野菜です。

緑黄色野菜に分類されるのは「にんじん」「ホウレンソウ」「ダイコン」「ブロッコリー」「ナス」「アスパラガス」「オクラ」「トウモロコシ」などなど。

生食で食べるのが難しい野菜が多いです。β-カロテンは「加熱すると増える」という特徴があります。にんじんやアスパラガス、とうもろこしは炒めると甘みが増すという特徴があるので、加熱調理してβ-カロテンを多く摂取するにはちょうどいい食材ですね。

ナスは油をよく吸収するので、炒め物の最後に油を吸収させる目的で炒めてもいいかもしれません。

まとめ

β-カロテンを摂取するメリットとして、現代人の体内で発生しやすい「活性酸素」の除去をしてくれることと、ビタミンAに変化し視力低下などを予防してくれることの2つを紹介しました。

β-カロテンが多く含まれているのは「にんじん」「ホウレンソウ」「ダイコン」「ブロッコリー」「ナス」「アスパラガス」「オクラ」「トウモロコシ」などの緑黄色野菜です。β-カロテンは加熱すると増える特徴があるので、上記の野菜を加熱調理して食べることをお勧めします。

今回の記事は野菜を摂取するメリットを書きたくてβ-カロテンについて詳しく書きました。今後も野菜に含まれている栄養素の記事を続々とアップしていきたいと思います。

 - 健康