ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

地球外生命体?エンケラドゥスに生物がいる可能性について!

      2015/07/25

エンケラドゥス

こんにちわ!

今日はこのブログにきて

いただきありがとうございます

僕は前から地球外生命体について

興味があるのでうが本日ニュースを

見ていたら土星の衛星である

エンケラドゥスに生物がいるかもしれない

というのを見ました

このニュースは地球外生命体の

可能性を示すものとして非常に

面白いと思います

今日はエンケラドゥスについてや

地球外生命体にの可能性について

記事を書いていこうと思います

スポンサード リンク



■エンケラドゥスとは

エンケラドゥス (Saturn II Enceladus) は、

土星の第2衛星。

エンケラドスとも。1789年に天文学者

ウィリアム・ハーシェルによって発見された[1]

その後、1847年にギリシア神話のギガース族の

一人エンケラドスにちなみ、

息子のジョン・ハーシェルが命名・発表した。

Wikipediaより引用

以前よりエンケラドゥスには

単細胞生物のような地球外生命体が

いる可能性があると考えられていました

エンケラドゥスには氷河が存在し

その下には大きい海が存存在することが

今回ニュースで報じられました

僕は科学者ではないので詳しい

事はわかりませんが調査により

わかりました

ニュースによるとエンケラドゥスの

氷河から水蒸気が噴き出しており

その水蒸気の発生源が氷河の下にある

熱水でその熱水が氷河の下から

宇宙にまで放出されるまでに

数年かかることから現在でも熱水が

存在することが示されたのです

地球が誕生した状態に非常に似た

環境があると研究者は言っています

はたしてどんな生物が

いるんでしょうか?

■熱水の環境とは?生物の形とは?

地球に生命が誕生したのは今から

約40億年前といわれています

その頃は数百度の灼熱で強い紫外線に

さらされていました

海も煮えたぎる灼熱の海でした

その中で地球最初の原始生命が

誕生しました

エンケラドゥスはその頃の

地球に似た環境があると言いましたが

熱水の環境で生物が誕生するのは

1%に満たないものです

スポンサード リンク



よく生命誕生の確立で言われる

たとえ話があります

「分解してバラバラになった腕時計の

部品を世界中の海にばらまいてそれらが

潮の流れに乗って偶然1箇所に集まり

それらが偶然組み合わせられ再び

腕時計として使用ができるようになる

確立と同じ」

生物の誕生する確立というのは

とんでもなく低い事がわかったでしょうw

エンケラドゥスに地球外生命体は

はたしているのでしょうかw

ちなみに現在の地球にも

熱水の環境があります

深海火山ですね

深海火山の近くはかなりの温度が

あるにもかかわらず多くの生物が

生息します

そこにはチューブワームやエビと

いった生物が生息します

もしエンケラドゥスに地球外生命体が

本当にいて進化をしていたのなら

同じような生物がいるかも

しれませんね!

■まとめ

エンケラドゥスは以前から

地球外生命体がいると考えられました

今回の研究により熱水があることが

裏付けられ地球外生命体がいる可能性が

より高まりました

なぜ熱水があると地球外生命体の

可能性が高まるのかというと

地球の生命誕生の頃の環境と

似ているからですね

しかし生物の誕生の確立は

限りなく低いのではたして本当に

いるかはわからないです

ただ僕としてはエンケラドゥスに

地球外生命体がいてほしいですね

それでは今日はここまでです

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサード リンク



 - 科学