ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

8月の食べ物といえば?旬な料理についてまとめ!

      2015/07/25

8月

こんにちわ

ヤマケンです

今日はこのブログにきて

いただきありがとうございます

この前は8月の食材について書きました

(こちらの記事です)

今回は8月のについて

書いていこうと思います

みなさんは8月の食べ物といえば何を

思い浮かべますか?

スポンサード リンク




■8月の食べ物といえば?

○そうめん

8月の食べ物といえばそうめんですね

そうめんは小麦粉を原料とした

食べ物で一年を通し食べることが

できますが冷やして食べると一番

美味しい食べ方なので主に夏に多く

食べられるます

歴史は古く後漢時代の中国の文献に

その名前が出ており日本には

奈良時代に中国から伝わったようです

そうめんは西日本で盛んに

作られています

西日本に作られている理由は原料となる

小麦や食塩の生産地が近いからだそうです

地方によってその土地名産のそうめんが

あり中でも有名なのは揖保乃糸ですね

揖保乃糸は兵庫県にある揖保川中流域の

たつの市や宍粟市などで作られています

現在そうめんは手延そうめんと

機械で作る機械そうめんの二種類が

ありますが揖保乃糸は手延そうめんです

日本を代表する手延そうめんで近年では

コンビニなどでも売られています

揖保乃糸と並んで有名なのは奈良県は

桜井市の特産品・三輪そうめんですね

桜井市近辺は三輪地方とも呼ばれており

この地方は国内ではじめてそうめんが

作られたとされる地域です

どちらのそうめんも美味しいのでまだ

食べたことのない人はこの8月に

食べてみるといいでしょう

スポンサード リンク



○アイスクリーム

8月の暑い日に食べたくなるものといえば

アイスクリームですよね

コンビニで一年中売られてはいますが

やはり夏に食べる人は多いでしょう

アイスクリームの起源は古き紀元前の

ころには乳製品を天然の氷や雪を使い

アイスクリームを作っていたようです

アレクサンダー大王やユリウス・カエサルも

アイスクリームを食べていたようです

イタリアやイギリスなど西洋国家では

非常に古い時代から食べられていましたが

日本で食べられ始めたのは1860年前後だと

言われています

日本で売られているアイスクリームは

非常に多くの形態があります

僕が好きなのはジャイアントコーンの

ような円錐型のコーンにアイスが

詰まったタイプのものですね

ハーゲンダッツなどに見られる

円形ないし角型のカップに入った

アイスはバルクタイプと呼びます

ハーゲンダッツはアメリカ生まれの

ブランドで全世界で販売を展開する

高級アイスでお馴染みのアイスです

ハーゲンダッツをデンマークの

アイスだと思っている人も多いよようです

デンマークの首都コペンハーゲンを

連想させるからでしょうね

創業者は消費者に対しヨーロッパの

職人が作ったアイスというイメージを

持たせたいがためにコペンハーゲンの

ハーゲンと語呂と響きがよかったダッツを

組み合わせてブランド名ができたようです

イメージ戦略ってやつですね

暑い8月の日にはハーゲンダッツを食べたくなる

人もきっと多いんでしょうね

○夏野菜カレー

夏野菜カレーは名前のとおり夏に収穫できる

野菜を使ったカレーですね

使う野菜は人にもよりますがナスやピーマン

ズッキーニ、きゅうりなど8月が旬の

野菜を使います

カレールーは特別なものを使う必要は

無いですが8月になると夏野菜カレー用の

ルーが毎年販売されています

さっぱりとした夏野菜カレーは8月に

うってつけの食べ物と言えるでしょう

■まとめ

今回は8月の食べ物といえば?という事で

そうめんやアイスクリーム、夏野菜カレーを

紹介しました

みなさんは他にどんな食べ物や料理を

連想しましたでしょうか

よければコメント欄にコメントを

してみてください

それでは今日はここまでです

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサード リンク



 - 季節, 野菜