ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

線虫とは?生態とは?癌の早期発見のニュースについて!

   

線虫

こんにちわ!

ヤマケンです

今日はこのブログにきて

いただきありがとうございます

今朝LINEニュースをみていたら

興味深いニュースを見つけました

線虫という生物を使い癌を

早期発見できる事がわかったという

ニュースです

線虫という生物は癌患者の尿の

においを好んで集まるという

習性がありその修正を利用し

癌の早期発見が可能になると

いうのです

その線虫というのは

どういった生物なのでしょうか?

癌の原因なども含め今回は

記事を書いていこうと思います

スポンサード リンク

癌の原因や痛みの理由とは?

癌は生活習慣病の1つと言われており

糖尿病や脳梗塞とならび

三大生活病と呼ばれています

ということは癌は不健康な生活を

しているとなるのでしょうか?

答えはイエスで癌は生活習慣を改善する

事で予防が可能になります

年齢があがるにつれリスクが高まると

いわれています

不健康な生活の積み重ねにより

リスクが高まるわけですね

今も昔は癌は恐ろしい病気として

認知されていますが技術の進歩により

昔より治すのが簡単になりました

とはいえまだまだ癌での死亡率は

高いのでできればなりたくないものです

■線虫とは?生態とは?

さてそんな癌の早期発見に線虫が

利用され期待できる効果があると

発表されました

線虫とはいったいどういった

生物なのでしょうか?

まず虫とついていますが

昆虫ではないです

線形動物といわれる生物の一種です

線形動物(せんけいどうぶつ、学名:Nematoda、英名:Nematode, Roundworm)は、

線形動物門に属する動物の総称である。線虫ともいう。かつてはハリガネムシなどの類線形動物 (Nematomorpha) も含んだが、現在は別の門とするのが一般的。また、日本では袋形動物門の一綱として腹毛動物・鰓曳動物・動吻動物などとまとめられていたこともあった。回虫・鞭虫などが含まれる。

大半の種は土壌や海洋中で非寄生性の生活を営んでいるが、同時に多くの寄生性線虫の存在が知られる。植物寄生線虫学 (nematology) では農作物に被害をもたらす線虫の、寄生虫学 (parasitology) ではヒトや脊椎動物に寄生する物の研究が行われている

Wikipediaより引用

寄生生物として有名なため

あまり線虫にいいイメージをもたない

人も多いでしょうが線虫の多くは

寄生をしません

スポンサード リンク

今回癌の早期発見に利用された

線虫も寄生をしません

線虫にはいくつもの種類がおり

癌の早期発見に利用されたのは

C.エレガンスと呼ばれる線虫です

Cエレガンスというのは略称で

正式名称はカエレノラブディディス

エレガンスというやたら長い名前の

線虫です

多くの生物実験に使用されている

生物でLINEニュースでも

報じられていましたが犬の嗅覚と

同じくらいの嗅覚をもちます

細胞の数が少ないのにそれだけの

嗅覚があるのは不思議ですね

非常に不思議な生き物で

細胞が1000個に満たないにも

関わらず神経があり嗅覚などが

そなわっています

1000個というのは生物にとって

少ない数なのですが

他の昆虫や爬虫類と同じような

動きができているのは

生命の神秘と言えるでしょう

ちなみに多くの多細胞生物は

癌になる可能性があるのですが

Cエレガンスは癌になりません

この理由についてはよくわかっていません

癌患者の尿のにおいを好むのも

もしかしたら癌にならないというのが

関係してるのかもしれません

■まとめ

癌の早期発見に利用された線虫は非常に

不思議な生態をしています

この線虫を用いた癌の検査は早くても

2019年になるという事でした

これで癌患者の割合が減るといいですね

それでは今日はここまでです

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサード リンク

 - 病気