ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

7月の風物詩といえば?祝日や記念日についてまとめ!

   

shichigatsu

こんにちわ!

ヤマケンです

今日はこのブログにきて

いただきありがとうございます

この前の記事で7月といえば?という

    記事を書き食材や植物について書きました

    こちらの記事です

    今回は7月の風物詩や祝日・記念日を

    まとめてみようと思います

    スポンサード リンク

    ■7月の風物詩・祝日・記念日といえば?

    ・7/1 海開き

    ・7/1 富士山の山開き

    ・7/7 七夕

    ・7/20土用の丑の日

    ・7月の第三月曜日 海の日

    ・7月初旬~中旬 梅雨明け

    ・7月初旬~ 花火大会

    7月の風物詩や祝日・記念日といえる

    日を並べてみました

    7/1は各地で海開きがある日です

    海開きっていうと夏が本格的に

    到来したことをイメージさせますね

    日本で最も早い海開きをするのは

    沖縄県で3~4月にはすでに

    海開きをおこなっています

    本州では7/1に行う場所が多いですね

    ただ本州であっても白浜や千葉の

    南総ではすでに海開きを行って

    いるようですね

    7/7は七夕の日です

    古くは棚番と表記しました

    これはそもそも七夕がお盆行事の

    一環であり精霊棚とその幡を安置するのが

    7月7日の夕方からである事から七夕と

    書くようになったようです

    もともと七夕は中国の文化であったのが

    奈良時代に日本にやってきて

    日本にもとからあった

    棚機津女(たなばたつめ)の伝説と

    結びつけられます

    たなばたつめは特別な織物を作る女性を

    意味しています

    古代日本では天から降りてきた水の神に

    神聖な布を俗世から離れた場所で

    たなばたつめと呼ばれる女性が

    おっていたといわれています

    このたなばたつめと七夕伝説に出てくる

    織姫の話が似ていてことから日本の

    文化に馴染み今現在でも残っています

    七夕は笹に願いを書いた短冊を飾りますが

    なぜ笹なのでしょうか?

    日本では昔から笹や竹は神聖なものだと

    されてきたからです

    天に向かい長く伸びる竹の姿は生命力の

    象徴として見られていたのです

    また精霊や神霊が宿るとも考えられていました

    スポンサード リンク

    7/20は土用の丑の日です

    土用の丑の日と言えばうなぎですが

    うなぎを食べ始めたのは江戸時代頃からです

    もともとうなぎを食べる習慣はなく

    うなぎ屋もなかなか繁盛しませんでした

    江戸時代の発明家平賀源内は知り合いの

    うなぎ屋が繁盛してないのを見て

    店の前に「土用の丑の日はうなぎに限る」と

    いった旨の看板をたてたらうなぎが

    売れるようになったと言われています

    土用の丑の日はもともと文字の頭に

    「う」のつく食べ物を食べると縁起が

    良いと言われていました

    それで平賀源内はうなぎを持ち出したわけですね

    うがつけばうなぎでなくともいいのです

    「うどん」でもいいし「うめぼし」でもいいのです

    実際梅干しには土用干しと呼ばれる

    梅干しがありうなぎとともに現在でも

    食べられています

    ■まとめ

    7月の行事や祝日をまとめ

    いくつかその中から選び解説をしてみました

    この記事がみなさんの役に立てれば幸いです

    それでは今日はここまでです

    最後までお読みいただきありがとうございました

    スポンサード リンク

 - 季節イベント