暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

ヤマケンのヒマペディア

仕事

バイトを転々とする人は社会不適合者?んな訳がない!

投稿日:

こんにちわ。

以前働いていたバイト先で「肌がセミのような色をしている」と言われたヤマケンです。

あまりにレアな表現に、一瞬なにを言われたのかがよくわかりませんでした。

言ってきた人の意図がよくわかりません。

さて面接を受けバイトに合格をしても、数か月働くと飽きがくると思います。

3か月経過すると辞めたくなる経験って、誰でもしているんじゃないかと思います。

そしてバイトを転々としていると

「すぐバイトを辞めるのはよくない」

「バイトであったとしても長く続けた方が良い」

といった意見を聞くと思います。

一方でバイトを転々とするのは問題ないという意見もありますよね。

結局のところ、バイトを転々とするのは悪い事なんでしょうか。

僕なりの意見を述べたいと思います。

スポンサード リンク



バイトを転々とするのは悪い事なのか?

バイトを転々とするのは悪い事じゃない

結論を先に述べますが、バイト先を転々とするのは決して悪い事ではありません。

職歴が多くなると、新たにバイトをしようとしたときに困ってしまうでしょう。

なぜなら雇い主から「この人はすぐに退職してしまうのではないか?」といった疑問を抱かられる可能性が高いからです。

三ヵ月や一カ月で退職するような人を、あなたが雇う側であればどのような目で見ますか?

またすぐに退職してしまうのではないかと疑問を持ちますよね。

だから雇われにくくなります。

ただ、正直言えば履歴書に書かなくともいいんですけどね。

あまりに短い仕事は、あえて省いても問題ないでしょう。

ウソをつくことに抵抗感がわくかもしれません。

罪悪感を感じるのは、バイトを転々としていくことのデメリットにあたります。

ではメリットはというと、自分のあったバイトを見つけられることです。

しかし、実はバイトを長く続けることにもメリットとデメリットが存在します

バイト長く続けた場合 バイトを転々とした場合
メリット
  • 長く続けると周りの評価が上がる
  • 自分のあった仕事を見つけられる
デメリット
  • 辛い環境の中で続けると心苦しくなる
  • 次の仕事が見つけにくい
  • 罪悪感を感じる

辛かったとしても我慢して続ければ忍耐力がつくのは素晴らしいことだと思います。

けどね、我慢することを押し付けるなとも思います。

むかし、電話の仕事とファーストフード店のダブルワークをしていたんですけど、ダブルワークがつらくなってファーストフード店を退職することになりました。

その時のバイトリーダーに「バイト続けましょうよ!ボロボロになっても続ければ成長できますよ!」と言われたことがあります。

ボロボロになるためにバイトをしたいんじゃねーんだよ、金を稼いで少しでも幸福感を感じたいから働いてんだよ!

と、心の中で思いましたね。

辛い環境の中でバイトを続けていると、ボロボロになってしまうと思います。

バイトリーダーが言うように、ボロボロになっても頑張れば成長できるかもしれません。

けどボロボロになった結果、心が病んでしまうと成長なんてできません。

「我慢=美徳」

という図式がはびこっていますが、我慢はプラスに働くときもあればマイナスに働くこともあることを認識しましょう。

スポンサード リンク



バイトを転々とする人間は社会不適合者なのか

バイトを長く務めている人からすれば、転々としている人間の行動は軽率なものに見えるでしょう。

「社会不適合者め!」

ののしられることもあるでしょう。

しかし、バイトを転々とする部分だけを見て社会不適合者と指摘するのは、あまりに軽率だと思います。

一部分を見て、その人のすべてを否定することを「拡大否定」と言います。

人は様々な部分や要素をもちあわせています。

相手のことをが嫌いだったり気に食わないと、欠点と感じられる一部分がその人のすべてのように思えてきます。

ほんとうは欠点はその人を構成する一部分でしかありません。

その部分だけをあげつらって社会不適合者というのは、正しくないと思います。

まとめ

バイトを転々とすることを非難された人は、あまり気にしないほうがいいでしょう。

基本的には長くつづくようであれば長く続けたほうが良いです。

しかし上述のように我慢して続けるくらいであれば、転々としたほうが良いです。

自分にあった職場・バイトは見つかるはずです。

ぜひ自分にピッタリなバイト先を見つけてみてください。

スポンサード リンク



-仕事

Copyright© ヤマケンのヒマペディア , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.