ヤマケンのヒマペディア

暇つぶしにピッタリの内容を紹介!

*

クリスマスチキンのカロリーは高い!食べ過ぎには注意しろ

      2017/09/10

クリスマスメニューの代表格といえばクリスマスチキンがありますよね。

ケーキと並んでクリスマスシーズンになると、テレではよくCMが流れます。

クリスマスチキンのカロリーってどれくらいなんでしょうか。

年末年始は忘年会やら年越しイベントやらで飲み食いする機会が非常に多くなりますから、けっこうカロリーって気になってくると思います。

今回はカロリー数について調べてみました。

スポンサード リンク

クリスマスチキン(ローストチキン)のカロリーについて

クリスマスチキンとして広く普及しているローストチキンがありますね。オーブンでチキンを丸焼きにしたローストチキンはめちゃくちゃうまいですよね。

カロリーが高そうなイメージのあるローストチキンですが、カロリーは意外と低く100gあたり226gと低いです。精白米のカロリーが100gあたり356.1kcalなので精白米より低い計算になります。

ご存知の人もおおいとおもいますが鶏肉は肉類のなかでもカロリーが低くダイエッターの貴重なタンパク源になるのです。さらにローストチキンは油で揚げるのではなくオーブンで丸焼きにするためカロリー数は低いのです。

ケンタッキーフライドチキンのカロリーについて

クリスマスチキンの王道といっても過言ではないのがケンタッキーフライドチキン。ケンタッキーって普段行くことはないけれど、クリスマスだけは利用するって人も多いんじゃないんでしょうか。

  • オリジナルチキン  87g 237kcal
  • 味わい岩塩チキン       67g   182kcal
  • レッドホットチキン   89g   266kcal
  • 骨なしケンタッキー   86g   204kcal
  • ナゲット(5ピース) 110g 230kcal

ケンタッキーフライドチキンは油で揚げているためやはりカロリーは高いですね。一個あたり100gいってないにもかかわらず、カロリー数は200kcalオーバーのものがほとんど。あまりに大量に食べると、デブまっしぐら!

ちなみにクリスマスパーティー用のパーティーバーレルは約200kcalオーバーです。2000kcalは、男性の1日の平均摂取カロリー数です。

スポンサード リンク

ファミリーマートのファミチキのカロリーについて

コンビニのチキンで人気なのがファミチキですよね。コンビニのチキンってどこでも売っていますが、僕の記憶が正しければコンビニでチキンを売り始めたのはファミリーマートが最初だったとおもいます。

ファミチキもクリスムスシーズンになるとクリスマスセットの予約受付をしはじめます。クリスマスには大量のファミチキを家族や友人、恋人と食べるなんて人もいるのではないでしょうか。

ファミリーマートで販売している各種チキンのカロリー数については以下の通り。

  • ファミチキ     80g  242kcal
  • スパイシーチキン  70g       196.94kcal
  • プレミアムチキン  100g      253.75kcal

どれもこれもファミマでよく食べるものですがやはりカロリーは高いですねぇ。1個だけではなかなかなか腹が膨れないのでクリスマスパックで量が多いとバクバク食っちゃいますね。

カロリーだけではない!酸化した油には注意

現在スーパーで販売されているクリスマスチキンの中には焼いた(ロースト)もの以外に、フライ(揚げ)されているものも数多いです。

フライで作られたものというのは、大抵酸化された油で作られています。油というのは使うたびに酸化していきます。通常、自宅で揚げ物などを使ったらそのまま捨てますよね。なぜ捨てるかと言えば酸化した油は体に悪く、二度も三度も使えないからです。

しかしコンビニやスーパーなどのフライドチキンは二度も三度も同じ油を使用して揚げています。酸化というのは鉄などの金属でいえば錆びる現象であり、油では有害物質が発生します。そんな油を使用して作るのですから健康的にいいとはいえません。

クリスマス時期ですから、友人宅や家族が買ってきたクリスマスチキンを食べることもあるでしょうが、あまり多くを食べない方がいいでしょう。カロリー的にも、健康的にもね。

まとめ

クリスマスチキンはおいしくて食べるだけで楽しいですが健康的にもダイエット的にも多量に食べるのはいいとはいえません。食べるなら節度を守って食べましょう。

スポンサード リンク

 - クリスマス